2017年

12月

01日

相続節税、抜け道封じ

日経記事を紹介します。「2018年税制改正で具体的な対策を講じる。」とあります。

続きを読む

2016年

8月

05日

路線価補正、相続税を左右

0 コメント

2016年

4月

20日

相続空き家 売却で節税

2016年4月から、相続した空家を売却した利益について、いくつかの条件を満たすと3,000万円の特別控除が認められるようになった。条件を満たす不動産の税率は20.315%なので、最大600万円の節税になる。・・・グラフや表で解りやすく解説されています。参考にしよう。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

14日

相続 課税強化 日経(20160113)

相続 課税強化
今年から「財産債務調書」の提出が義務づけられる。来年以降「修正申告」に対する加算税強化等 年々強化される。
名義預金申告漏れに注意するとともに、保険契約で相続税がかかるケースを正しく知り、法改正の内容、税がかかる「しくみ」を理解しておくことが必要である。
160314(160113相続 課税強化).pdf
PDFファイル 3.4 MB
続きを読む 0 コメント

2016年

3月

14日

社会契約の再構築を可能にする方法 日経(20160211)

先の投稿(3月11日、『人を生かす経営 築けるか?』)と合わせてご覧いただきますと、識者の共通認識が浮き彫りになります。)

以下、本投稿記事の概要です。

 

・・・・福祉制度の改革によりはじめて、国民が共通の目標に向い、日本の若者に将来展望を開くような社会契約の再構築が可能となる。

そのためには、グローバル化と自由化が進む中で保護の強化を求める声に応えることが重要だ。

社会的妥協の再定義に当たっては、財政も目配りする必要がある。

大切なのは包括的なビジョンを描き、費用と便益を世代間でどう分け合うか、また世帯と企業でどう分け合うかを明確にすることだ。

日本型資本主義の未来は前述の4つ問い(社会的妥協の形成)にどう取り組むかにかかっている。これらの問いを適切な形で示し、民主的な手続で市民参加を得て答えを出さなければならない。これが、新たな社会的妥協を形成し経済を再構築する条件となる。

続きを読む 0 コメント

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎのお客様は、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。