①「システム思考」:

 

 お客様に個有の「目的」(望んでおられること)を実現するため、問題構造をシステム(科学)として把握・分析します。(一般論ではなく)個有の「問題点」「課題」を明確にします。

(「目的」「目標」「問題」「問題点」「課題」を区別し明確にします。)

⇒【直接お会いしてお話を伺いながら<正確な把握>のサポートを致します。】 

【原則:面談方式】
 
以下の【STEPⅠ~STEPⅣ】に拠ります。

【STEPⅠ】ー事実前提の把握ー

対話により「事実実態」を正確かつ客観的に把握しなければなりません。

【「事実前提」の<正確な把握>】  

【STEPⅡ】ー価値前提の確立ー

 お客様の「価値《夢・希望》=《目的》」「事実実態」とのギャップ(差異)「問題」把握します。

 

立場によって「問題点」は異なってきますから、まず立場を明確にします。

すべては他者や他との外的関係性でなりたっています。

 

 お客様の立場から、「解決方針」(優先順位、何を捨てるかを決めます。【「価値前提」の確立】 

       

【STEPⅢ】ー問題点の特定(原因、制約条件整理)ー

 お客様の「解決方針」(「価値前提」)基づいて、 

問題点」を特定します。(「仮説」設定し「検証」し特定します。5回の「なぜ」等「深堀」も必要です。)「根本原因」「付随的原因」や様々な「制約条件」 法的規制等)を共に整理します。

【STEPⅣ】ー課題整理、目標設定、実行計画・実施ー

自ずとソリューション(解決の方向性)が見えて参ります。

「課題」を整理して、「目標」を設定し、「実行計画」(「スケジュール計画(年・月・週・日)」・「課題対策」)を作成し、計画実行します。

 

※【P(プラン)D(ドゥ)C(チェック)A(アクション)を廻します。】

以上の【STEPⅠ~STEPⅣ】の「システム思考」により、お客さまの価値実現に向け総力を傾注します!

※科学的「問題解決」の提供が当「アーク総合」のミッションと考えています。

(また、「お客様の価値実現」のためには有能な仲間との(②「連帯・協働」)がもう一つの重要なミッションです。)     

【ご参考】:<「システム思考」定義集>

「システム思考」(科学的「問題解決」の手法)の定義集です。)

ご覧いただき、ご質問等ありましたら何でも構いませんのでご連絡ください。

システム思考による問題解決アプローチ「定義集」.pdf
PDFファイル 81.7 KB

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎのお客様は、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。