「契約」の相談室 開設のごあいさつ:

こんにちわ、アーク総合の原田 豊です。

 

契約(お相手との関係づくり)」に関するどのようなことでも、まずは早目にお越しください。そして、お話しください。

 

お話し頂くだけで(事実が整理・確認できて)解決してしまう問題もあるでしょう。

対策が必要な課題があるときは、課題をご一緒に整理し、一つ一つの問題点を解消すべく行動をしましょう。 

 

他の専門家の力が必要な場合も、当室の事業方針に則り連帯・協働し、お客様のお困りごと・ご不安、そして夢や目標の実現にお応えしていきます。 

 

詳しくは『相談窓口』をご参照の上、ご来室ください。

 

アーク総合 代表 原田 豊  

東京都行政書士会著作権相談員登録】) 

2015年12月17日

行政書士について:

行政書士は「あなたの街の法律家」として「予防法務を専門」としています。

「街のお医者さま」と同じです。

 

体調(人間関係がよくない。(これはイジメ?、セクハラ?、パワハラ?)

熱・頭痛(こんな理不尽なこと、納得出来ないこと、・・・どうしたら?)がある。

不安・心配(書類をどう作る?この書面にハンコ押して良い?)どうしたら・・・?

 

 

自分で作った「契約書」(相手方から「契約」(原案)が提示されたが、これで「契約締結」してしまって大丈夫?)、『遺言書』 法的に問題・リスクないか・・・?

 

新規事業開発にあたり、事業連携のあり方が?・・『契約締結』は?どうすべきか?

 

※このような時、どうぞ「行政書士」にお気軽に、ご相談ください。 

【ご参考】「行政書士」の法的位置づけについては「行政書士の仕事」をご覧下さい。) 

契約=「win-winの関係としての契約」を進めます。

 これからの時代の「契約締結」には、激変する市場環境(マクロ環境、業界環境、自社・他社動向、技術動向等)に的確に対応し、自社のポジションを明確にし得意領域(営業・開発・生産上のノウハウ・技術、特許や著作権等)を活かした「戦略性」が求められています。

 

単なる契約条項の「リスク管理」対策を超えて、「Winーwin関係」構築のための戦略的「契約締結」へ!

【ご参考】ー「事業者の『契約書の意義』」ー

「事業者間の『契約書の意義』」をご参照ください。 

 1.「事実確認」のため、2.「証拠」として、3.「予防・リスク対策」として、4.「事業計画実現」のため 4つの意義がありますが、この中でも「4.事業計画実現のツールとしての契約書」が最も重要となってきています。

 

そして、このような「戦略性」(「創発的戦略」)は地域経済の担い手である中小事業者においてこそ、喫緊の課題とされています。 

 

小さくも地域貢献を目指し連帯・協働する中小事業者への「契約締結」をサポートすることによって、『理想とする地域社会の実現へ貢献したい。』これが、事業を始めた動機です。

お客様の価値《夢や希望》の実現を第一に、考え行動します。

 お客様の価値実現を第一に考え行動し

右「事業理念」の実現を目指して行動してまいりますので(行動規範)、ご愛顧・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

個人のお客様向けには、特に相続(遺言)サポートを用意しましております。個人は、次代の人と如何に「winーwin関係」を構築(「契約」)するかが「人生事業」の最大かつ究極の課題であり、個人の事業にも戦略性が求められます。

 

 また個人様は、人生の節目節目で大事な「契約行為」(住宅建築等)が必要とされます。当室をご活用ください。(建設案件への営業を通し設計事務所、ゼネコン・サブコン、住宅メーカ等への営業は得意です。 住宅建築請負契約に際し、契約交渉代行・代理を行います。)
 

お近くの「相談室」へお気軽に(まずは手ぶらでも早目に)お立寄りください。

良き関係性を構築(修復)する上で最も重要な点は【原則】「速さ」だと考えられます。
 メール・FAXによる 初回無料相談も実施していますので、ご活用ください。

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎは、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。