「契約」と「経営」について:

「契約書」の「ひな型」が安価に入手できますが、会計(経営)には触れられていない「契約書式集」等書籍に拠るものが多いのではないでしょうか。(ネットからも入手できます。)

 

「契約」とは債権債務関係を形成するものだから、どう対抗するかのリスク対策の解説となるのは当然としても、会計経営)の視点から「契約」を考える必要があるのではないでしょうか。

 

「検収条件」 「支払条件」をどう取り決めるかは直接「収支」(キャッシュフロー経営)上の大きな課題です。

 

画一的に(ひな型)を活用するのではなく、前提条件(自社、相手方の技術・ノウハウ、営業方針、経営規模等)を的確に把握分析し、「システム規模や開発期間、価格、他システム(他業者)との関係、難易度、技術的制約条件(成熟度)、法的制約条件(施行・改正動向)」等、案件ごと「契約条項」対策を実施することが必要です。

 

これは経営上の課題であり、「契約」業務として、営業マンに任せておくべきことがらではありません。経営者が積極的に関与チェックするべきことがらです。

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎのお客様は、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。