*「契約」について「現在の法的基本事項」は→「契約とは」をご参照ください。

1.「契約書」作成・「契約締結」サポート:

 お相手様とどのような契約<関係づくり>をお望みですか? 

 

「契約」は、債権債務上の「リスク管理」対策(契約条項の優位性確保)として重要であるばかりではなく、「事業連携、業務連携」など経営上の大きな戦略課題となります。

  

マクロ環境(政治・経済・社会・技術等)、業界、顧客(消費者)動向等が高度化・複雑化する中、益々その重要性は高まると考えられ、「契約締結」に 戦略性が求められてきています。

 【ご参考】私のブログサイト「事業者間の『契約書の意義』」をご参照ください。
 ( 4.「事業計画実現のためのツールとしての契約書」 (「創発的戦略」)として重要です。)

(1)調査サポート

お客様の事業環境(商品サービスの特徴、想定リスク等)、(想定する)市場(仮説顧客」)、(想定する)契約相手(事業環境・商品サービスの特徴、要求等「仮説契約相手」)お聞かせいただきますと共に、 

『事業戦略』(「マクロ環境分析」「業界環境分析」「SWOT分析」等)の各「調査項目」 に基づき「契約締結」のための「調査サポート」を行います。

 

なお本調査項目は、「事業戦略の作成」の一部を構成するものですが、「ポジショニング決定」(市場細分化戦略上の「ターゲット顧客の選定」乃至「ターゲット契約先選定」)及び「マーケティング戦略」(所謂4Pの各項目の検討)については含みません。

「契約前の事実の調査」を「業務委任契約」の受任範囲とし、具体的内容は調査受託契約」又は「業務委託契約」締結時に決定いたします。 

<想定される「契約締結」>

 【例示】

 ①「ライセンス契約」

       「知財」や「自社の強み」を「契約書」に落とし込む。

 ②「代理店契約」

 ③「特約店契約」

 ④「製造委託契約」 

「契約書」の作成は別途契約となります。本調査サポートに基づいて作成しますが、原案がある場合は、下記(3)チェック・修正サポートとなります。

付随関連して「事業(マーケティング等)戦略の作成」サポート(【1】【2】)を行います。ご検討ください。

(2)「契約締結」サポート:

win-win関係」構築のための以下の業務を行います。 

                                             (契約現場へのサポート)

「契約代理」業務:契約締結」の代理権行使の「委任状」を頂きます。

「契約代行」業務:「契約締結」代行、同行支援<立会>ご相談ください。

(3)「原案」チェック・修正サポート:

 お客様が作成された、又はお相手様が提示された「契約書(原案)」があればご持参ください。商品特性や想定されるリスクに関してお話を伺いながら、「原案」の「契約文言チェック~修正」を行います。
契約の基礎(土台)からチェック提案いたします。

  「(1)調査サポート」と同様に、

  「知財」や「自社の強み」を「契約」に落とし込む「戦略的契約書」が必要です。

 →したがいまして、(1)調査サポート」 を合わせて行うことをお奨め致します。 

  調査内容にも拠りますが、短時間(契約締結→諸手続(着手金お振込)完了→

   「業務開始」→ 1週間以内★)でサポート報告致します。

  ★具体的には、別途御打ち合わせ(「契約」)に拠ります。

(4)研修サポート:

営業マン・現場担当者等への社内教育を実施いたします。

 →「営業開発~契約締結~債権回収」業務プロセス>における

 「契約締結の重要性」研修事例

      「ソフトウェア開発契約」に関してのー営業マン研修事例ー  

上記の(1)(2)(3)(4)各サポートにつきお問合よりご連絡(ご質問)ください。

または、ご来室の上ご相談ください。 

各サポートの企画(案)と共にお見積りを提出いたします。

(尚、お客さまとの協働が必要となる場合がありますので、御打合せの場の設定をお願いする場合があります。企画(案)提出時にご相談いたします。 

また、必要(「受任内容」)に応じて連携する「弁理士、弁護士」等共同で業務遂行(受任)する場合、再委任する場合、引き継ぐ場合がございます。

 

→具体的には「委任契約」締結時に協議調整し、合意を経て決定、あるいは委任業務を遂行するなかで、臨機にご相談の上、合意決定いたします。以上は「お客さま価値実現上、何がベストか」(当室「事業方針」)に基づきご相談いたします。 

 

2.個人の「遺言書(原案)作成」「見守り契約」「財産管理委任契約」「任意後見契約」「家族信託契約」等のサポート:

遺言書(原案)作成」等についての相続(遺言)サポートよりご検討ください。

       

  

 ご相談は『相談窓口』より、ご質問等はお問合せ よりお気軽にどうぞ。 

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎのお客様は、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。