「法定相続割合」と「遺留分」


相続人ごとの「受取る割合」(「法定相続分」民法第900条)、最低限の「保障割合」(「遺留分」民法第1028条)が決められています。下表のとおりです。

 

この遺留分を「総体的遺留分」といい、「個別的遺留分」(各相続人ごとの遺留分)と区別します。

 

    法定相続人 法定相続割合     遺 留 分  

遺言者の自由に

なる割合        

 

 

 

NO. 

 

配偶者

    

  

順位者

     

 

配偶者

   

  

 

順位者

  

   

配偶者 

    

 

順位者

 

    

合計

    

全部 1/2 1/2 1/2
第1(子) 1/2 1/2 1/4 1/4 1/2 1/2
第2(親) 2/3 1/3 1/3 1/6 1/2 1/2
第3(兄弟姉妹) 3/4 1/4 1/2 1/2 1/2
第1(子) 全部 1/2 1/2 1/2
第2(親) 全部 1/3 1/3 2/3
第3(兄弟姉妹) 全部 全部

  法定相続人のうち子・親(代襲相続人含む)には遺留分が認められていますが、兄弟姉妹には認められていません。

  遺留分の放棄」は相続発生前は家庭裁判所の許可が必要。相続発生後は自由、許可は不要。

以上は「法定相続人」の間における配分割合(法定相続分)の規定です。

『遺言書』(指定相続分)がある場合について、次ページ『遺言書』の重要性へ!ここで「法定」以外の相続人についてご案内いたします。

TELでお問合せ:

03-5929-8622 

外出している場合があります。下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

原田 が応答致します。

営業時間:

9:00~18:00

【定休日:日曜日・祝日】

お客様ご要により、営業時間外・定休日も「相談室」の他にて営業致します。

行政書士事務所専用TEL:

03-5929-8622 

お急ぎのお客様は、下記の携帯電話へお願い致します。

090-9329-9037

「弊所の事業のご紹介」
   免  責

(1)当サイトは利用者が当サイト内のコンテンツを用いて行う一切の行為(コンテンツの編集・加工等した情報を利用することを含む。)について何ら責任を負うものではありません。         (2)コンテンツは、予告なく変更、移転、削除等が行われることがあります。